オカルト遅報 - 新着記事


  • JR駅員ってやっぱプロだなあと思う
  • ド田舎の親戚の家は旧家で広大な敷地の隅に10坪くらいのボロ小屋が建ってた
  • 廃墟には住んでた人の思いがつまってる
  • いや俺触ってないし!
  • 自動販売機
  • 叔父と一緒に山菜採りに出かけていたら山の中を一人で彷徨っている老爺を見かけた
  • 【不可解な話】部活の全国大会で茨城県の筑波山の近くに泊まった日の出来事。
  • ここって、ちょっと不思議な場所なんだぜ
  • 天狗倒し
  • 人の歩くくらいのスピードで下のたんぼで霧散した
  • 有名心霊スポットめぐりをして帰る途中に 山の中に続く階段が目についたので登ってみた
  • シュトレンヴルム
  • 先輩から聞いた山にまつわる怖い話
  • 人は領分をちゃんと守らなきゃいけない
  • 飼っていた猫が外のガレージで仔を産んだ
  • 夏の暑い日、川沿いに山を登っていると眼下の河原に大きな石が現れた
  • ある山中の長い一本道を、真夜中に自動車で下っている時のことだ。
  • 英彦山青年の家で合宿したことがある
  • 幼い頃、炭焼きをしていた祖父の庵へキャンプ感覚で遊びに行っていた山に籠もっていた夜のこと。
  • 夜中、山裾にある橋を通り掛かった時、下の川からゴリゴリと何かを擦り付ける重い音がした。
  • 玄関からリビングにかけての廊下をダダダダダ!と、勢い良く走る足音がしました。
  • 代々、実家の2階にある部屋を書斎や学習部屋として受け継いでいる。父と祖父はそこで25歳の夏に奇妙な物と遭遇した。
  • 親戚のお寺のお墓で近所の子達や従兄弟達と鬼ごっこして遊んでた。
  • 夜、会社帰りに駅のホームで友人の松本と偶然会った
  • 休日の深夜自宅の電話が,3回鳴って鳴り止んだので、そのまま寝たらしい。
  • 一目惚れと一目嫌い
  • 「お母さんの友達だ!」ってすごい嬉しそうに言うの
  • 俺が高校生のころ、PSPのゲームが全盛期の時でした。
  • 俺は授業中うつ伏せで居眠りをしていた
  • 家族で海に釣りをしに行って自分は海に繋がってるとこで棒きれ持って遊んでた
  • うち2階建ての一戸建てなんだけど1階と2階に洋式トイレがあるのね